×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



特許 : 電磁波

『フレイ効果、マイクロ波聴覚効果など』
(Microwave Hearing Effect , Frey effect)




日本の特許 :



生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御
装置



出願番号 : 特許出願平6−130752 出願日 : 1994年5月10日
公開番号 : 特許公開平7−306259 公開日 : 1995年11月21日
出願人 : 関野 慎一 発明者 : 関野 慎一


【要約】
生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御
装置

【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、
思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていた
ことが判明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる
場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、人々の機密
及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。

【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし
盗聴される人物の体より生体情報が置き変わった輻射波
が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも
盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報には
さまざまな波形があるが、そのどれにも有効である。警
報が出力された所番地を関係官庁に通報することによ
り、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見で
き、その悪行を根絶することが出来る。



PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑





マイクロ波利用人体検知装置


【発行国】 日本国特許庁(JP)
【公報種別】 公開特許公報(A)
【公開番号】 特許公開2002−71825
【公開日】 平成14年3月12日(2002.3.12)


【出願人】
【識別番号】 000010087
【氏名又は名称】 東陶機器株式会社
【住所又は居所】 福岡県北九州市小倉北区中島2丁目1番1号


【要約】
【課題】 小型軽量な人体検出手段に検知された人の心
拍、呼吸の動作も検知できる人体センサーの提供する。
【解決手段】 マイクロ波利用人体検知装置は、トイ
レ、洗面所、キッチン、風呂、シャワー、等の生活シーン
で、マイクロ波を送信波とし、マイクロ波を受信する単
一のアンテナと、前記アンテナで受信されたマイクロ波
を検波する検波手段と、変化成分検出手段の出力を所定
位置と比較する比較手段と、前記比較手段からの信号に
より、人の存在と、人の生体情報を検出する手段とを有
する。



PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑





モニタ、健康管理システム及び健康管理方法


発行国】 日本国特許庁(JP)
【公報種別】 公開特許公報(A)
【公開番号】 特許公開2005−237568
【公開日】 平成17年9月8日(2005.9.8)


【出願人】
【識別番号】 000002853
【氏名又は名称】 ダイキン工業株式会社
【住所又は居所】 大阪府大阪市北区中崎西2丁目4番12号 梅田センタービル


【要約】
【課題】 利用者の生体情報を測定するための装置を利
用者に装着せずに連続的に利用者の健康を管理すること
ができるモニタ、健康管理システム及び健康管理方法を
提供する。
【解決手段】 モニタ30は、利用者Pが閲覧するため
のモニタである。モニタ30は、マイクロ波ドップラー
センサ10を備える。マイクロ波ドップラーセンサ10
は、体動情報を利用者Pに非接触で測定する。体動情報
は、利用者の体の動きに関する情報である。



PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑





携帯型測定機器、健康管理システム及び健康管理方法


【発行国】 日本国特許庁(JP)
【公報種別】 公開特許公報(A)
【公開番号】 特許公開2005−237569
【公開日】 平成17年9月8日(2005.9.8)


【出願人】
【識別番号】 000002853
【氏名又は名称】 ダイキン工業株式会社
【住所又は居所】 大阪府大阪市北区中崎西2丁目4番12号 梅田センタービル


【要約】
【課題】 利用者の生体情報を測定するための装置を利
用者に装着せずに利用者の健康を管理することができる
携帯型測定機器、健康管理システム及び健康管理方法を
提供する。
【解決手段】 携帯電話機50a等は、利用者Pa等が
携帯するための携帯電話機である。携帯電話機50a等
は、マイクロ波ドップラーセンサ10a等と出力装置2
0a等とを備える。マイクロ波ドップラーセンサ10a
等は、体動情報を利用者Pa等に非接触で測定する。体
動情報は、利用者Pa等の体の動きに関する情報である
。出力装置20a等が、体動情報に基づいて、心拍情報
を出力する。心拍情報は、利用者Pa等の心拍に関する
情報である。



PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑





生体情報モニタ装置


【発行国】 日本国特許庁(JP)
【公報種別】 公開特許公報(A)
【公開番号】 特許公開2005−270570
【公開日】 平成17年10月6日(2005.10.6)


【出願人】
【識別番号】 000001007
【氏名又は名称】 キヤノン株式会社
【住所又は居所】 東京都大田区下丸子3丁目30番2号

【要約】
【課題】 着衣のまま任意の位置で測定できる精度の高
い生体情報モニタ装置が求められていた。
【解決手段】 そこで、本発明は生体の表面変位の情報
を非接触で取得することで該生体の情報をモニタする装
置であって、高周波の電磁波を発生して空間に放射する
手段と、生体の表面で散乱した該電磁波を検出する手段
と、該電磁波の伝播状況から該生体表面の位置変位の時
間変動を演算する手段とを備え、該時間変動から脈、呼
吸などの振動している特性量を生体情報として演算する
手段を備えていることを特徴とする生体情報モニタ装置
を提供するものである。



PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑





心肺機能監視装置


出願番号 : 特許出願2000−259019 出願日 : 2000年8月29日
公開番号 : 特許公開2002−65677 公開日 : 2002年3月5日
出願人 : 東陶機器株式会社 発明者 : 小黒 利雄 外2名


【要約】 (修正有)
【課題】 従来の電波を用いたマイクロ波ドップラセン
サは、近距離のおいてセンサ出力は周期的な出力特性を
示すことが知られているが、生体の呼吸や心臓の鼓動と
いった著しく小さな変位を検出する場合、センサと反射
物体との距離の関係で出力がほとんど検出出来ない場合
があった。
【解決手段】 生体の呼吸や心臓の鼓動といった著しく
小さな変位を検出する場合、センサと人体の距離を変え
る、電波の周波数を変える、電波の位相を変えることで
センサ出力を大きくすることが可能になる。





PDFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑










アメリカの特許 :



Nervous System Excitation Device

Flanagan GP.

Patent #3393279 

USPTO granted 7/16/68.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 

↑↑↑





Hearing systems

Puharich HK and Lawrence JL.

Patent #3629521 

USPTO granted 12/21/71.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 ・ クリック p5 ・

クリック p6 ・ クリック p7 

↑↑↑





Apparatus and method for remotely monitoring and altering brain waves

Malech RG.

Patent #3951134 

USPTO granted 4/20/76.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 ・ クリック p5 ・

クリック p6 ・ クリック p7 

↑↑↑





Hearing device

Stocklin PL.

Patent #4858612 

USPTO granted 8/22/89.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 ・ クリック p5 ・

クリック p6 ・ クリック p7 ・ クリック p8 ・ クリック p9 ・ クリック p10 ・

クリック p11 ・ クリック p12 ・ クリック p13 ・ クリック p14 

↑↑↑





Hearing system

Brunkan WB.

Patent #4877027 

USPTO granted 10/31/89.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 ・ クリック p5 

↑↑↑





Communication system and method including brain wave analysis and/or use of brain activity

Mardirossian A.

Patent #6011991 

USPTO granted 1/4/00.



TIFでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック p1 ・ クリック p2 ・ クリック p3 ・ クリック p4 ・ クリック p5 ・

クリック p6 ・ クリック p7 ・ クリック p8 ・ クリック p9 ・ クリック p10 

↑↑↑





Hearing Aid Based on Microwaves

Thijs VMJ.

Application #WO1992NL0000216

World Intellectual Property Organization Filed 1992-11-26,
Published 1993-06-10.




ZIPでの文章にしてあります。
お手数ですが、下記のクリックを押してご覧ください。

↓↓↓

クリック

↑↑↑










memo :


マイクロ波聴覚効果・フレイ効果の原理


マイクロ波聴覚効果・フレイ効果が起こる200MHz6.5GHzの高周波



高周波を受けた身体の組織が瞬間的なエネルギー吸収によってわずかに熱膨張を起こし、

その振動により、弾性波が生じる。



弾性波が聴覚部(蝸牛※1)に到達し、音として知覚される。

(私的疑問?この時、聴覚部に固有の振動・周波数があれば

周りに大勢の人が居ても、一人の個人に音声を聞かせることが

可能ではないか?。)




この疑問は、最近では、人自体の大きさ、人の容量によって、

固有振動・周波数があるのではないかと考えています。

つまり、人の蝸牛自体にそれぞれ固有の振動・周波数があるのでは無く、

蝸牛に達する前に振動する身体の容量によって

その人それぞれのマイクロ波によって、音が知覚出来る振動・周波数が決定、

存在するのではないかと予測しています。


(例えば、男性より女性、人よりねずみ、など、容量、大きさが小さいもの程、

そのマイクロ波・電磁波の強さが小さい力でも、マイクロ波聴覚効果・フレイ効果が

起こり易いということで、固有の振動・周波数などは、そのマイクロ波・電磁波を

受ける人、物などに依存するという意味です。)


(上記、疑問への解答の部分は、私的仮説です。)





  1 蝸牛: 蝸牛の電気的応答の一つ蝸牛マイクロホン効果。

        有毛細胞の突起、あるいはその他の蝸牛内組織に生じる機械的な

歪によって電位が生じる一種のピエゾ効果。









↓↓↓

心の声の悩み

クリック


↑↑↑



ある物とその周辺 設定資料

(過去に書いたものなので、訂正が必要。) :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/settei.htm


犯行方法 :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/hannkouhouhou.htm


被害経歴書 :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/higaikeirekisyo.htm


今、考えていること

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/kanngaeteirukoto.htm



加害者への公開質問状様の証明用データリンク 

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/kagaisyaheno.htm


加害者への公開質問状様の証明用データリンク プラグ編 

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/kagaisyahenop.htm



オシロスコープを利用した電磁波の測定 :

URL : http://kokoronokoe.at-ninja.jp/oscilloscope.htm


この事件・犯罪の情報の通報の願い :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/tuuhou.htm


告訴状 :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/kokusojyou.htm


告発のお願い :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/kokuhatunoonegai.htm


電磁波によるフレイ効果、マイクロ波オーディオ効果の測定機器 :

URL : http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/Microwaveauditoryeffectsokuteikiki.htm


犯人が漏らした言動から、予想した犯人の犯行位置、潜伏位置 :

URL
 :  http://www.tcct.zaq.ne.jp/kei/memo/hannninnnosennpukusaki.htm


資料 電磁波 :
 

URL : http://kokoronokoe.at-ninja.jp/siryoudennjiha.htm